アナル 黒ずみ

アナルの黒ずみをケアする人気クリームとは?

アナルの黒ずみ

アナルの黒ずみが気になって仕方がないという人はいませんか?

 

せっかく彼と素敵な雰囲気になっても、アナルの黒ずみが気になって積極的になれない、それに彼に幻滅されてしまったらどうしよう…と不安になってしまうことがあるかもしれません。

 

そのような人におススメなのが、デリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームです。

 

黒ずみケアクリームには、美白成分が配合されています。

 

アナルの黒ずみの原因は、下着やトイレットペーパーによる摩擦などによってメラニンが作られてしまうこと、年齢とともに低下する皮膚の新陳代謝力(ターンオーバー)などにあるそうです。

 

なので、黒ずみをケアしたい時は、黒ずみの原因になるメラニン色素の除去をする作用があり、肌のターンオーバーを整える作用がある美白クリームでのケアが効果的。

 

でも、アナルはデリケートな部分なので、デリケートゾーンでも使える商品を選ぶことが大切です。

 

こちらでは、デリケートゾーン専用、そして、実際にアナルの黒ずみ対策として使っている人が多い黒ずみケアクリームの中から、口コミでも評判の良い人気のクリームをピックアップしてみました。

 

さっそく、ご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

アナルの黒ずみケアクリームの売れ筋ランキング

イビサクリーム ※当サイト売上No.1

イビサクリームは、アナルの黒ずみケア用クリームとして日本で一番人気の商品。トラネキサム酸で黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、グリチルリチン酸2Kで肌の調子を整えます。さらには4種類の植物成分で美白ケアができます。スキンケア大学(スキンケア情報サイト)にアナルの黒ずみケアクリームとして紹介、GLITTER(海外のトレンド情報雑誌)にアンダーケア商品として掲載、さらには多くの女性雑誌に掲載されるなど、話題性も抜群。利用者の満足度も96.%と高評価です。日本で一番人気の黒ずみケアを使ってみたい!という人におすすめです。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ピンク
ハーバルラビット

ハーバルラビットは、スキンケア大学やその他多くの雑誌に掲載されています。有名モデルも多数使用しており、黒ずみケア商品アンケートでは、「使ってみたい商品」、「商品力」、「パッケージデザイン」、「コストパフォーマンス」の4冠を達成しています。利用者の満足度は97.1%と高評価。公式サイトからの購入で、初回限定60日間全額返金保証が付いています。万が一肌に合わなかったという時も安心ですね。とてもオシャレなパッケージで、持ち運びをするのにも便利。黒ずみケア商品とは分からないのも良いですね。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは、メラニンの生成を抑制する作用のあるトラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムの2つの薬用成分を配合しています。ジェルは透明・無臭タイプで浸透性が高く、ジェルで下着が汚れるのを気にする必要がないので、気軽に使うことができます。パラベンやエタノール等の刺激の強い成分は含まれていないことから、刺激に弱いアナル周辺の皮膚にもやさしいジェルです。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

デリケートゾーン訴求
ピューレパール

ピューレパールは、無添加で低刺激にこだわった薬用ジェル。赤ちゃんにも使えるほど肌に優しい成分で作られていて、且つ美白に効果的な成分もしっかり配合されています。肌の弱い人や敏感肌の人でも使うことができる黒ずみケアとして話題ですよ。2015年モンドセレクションで銀賞を受賞し、スキンケア大学のボディ部門ではおすすめコスメとして掲載。公式サイトからの購入で、25日以内の全額返金保証がついています。肌が弱いという人でも、安心して試してみることができます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

薬用アットベリー
アットベリー

アットベリーは、肌の内側と外側からケアができる黒ずみケア。保湿成分で肌のバリアを作り、黒ずみをケアするアットベリー独自のトリプルサンド方式によって、アナルの黒ずみや臭いのケアができます。美容成分としてはコラーゲンやプラセンタ、セラミドなど。無添加で低刺激の黒ずみケアなので、デリケートな部位に使っても安心、敏感肌の人でも使うことができます。実際に敏感肌でも使っているという人は多いですよ。ネット上では口コミで評判がよく、有名ファッション誌など数多くのメディアで紹介されています。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

アナルの黒ずみにイビサクリームが人気の理由を紹介します!

イビサクリーム

話題の薬用成分で白肌に!

イビサクリームが人気の秘密は、「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」の2つの薬用成分。トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑え、黒ずみを薄くする作用があります。医薬部外品なので、即効性は期待できませんが、副作用は殆どありません。使い続けることによって効果が期待できます。もう一つのグリチルリチン酸2Kは炎症を抑える効果があり、肌荒れを予防する作用が期待できます。さらに、4種の植物から摂れる天然由来成分が配合。天然由来成分なので、どれも肌に優しく美白をサポートしてくれます。

肌に優しい使い心地!

配合されている成分はどれも低刺激で安心なものばかり。なので、赤ちゃんも使えるくらい肌に優しく使えます。イビサクリームは、「香料」、「着色料」、「アルコール」、「鉱物油」、「バラベン」など、肌に刺激のある成分は一切配合されていない無添加クリームです。肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して使えます。とはいっても、肌質は人それぞれ。万が一にも、肌に合わないという場合、イビサクリームには90日間の返金保証があります。

こっそり自宅で黒ずみケア!

イビサクリームは、アナルの黒ずみにも効果が期待できるクリーム。そして、自宅で誰にも知られずにケアすることができます。ポーチなどに入れていても違和感はありませんし、人に見られてしまったとしても、おしゃれな容器ですからアナルの黒ずみケア商品とバレることはありません。また、イビサクリームは配送にもこだわり、中身が何か分からないようにして配送してもらえます。留守の時に家族が受け取っても安心ですね。

イビサクリームの通販公式サイト

アナルの黒ずみって一体なにが原因なの?

アナルの黒ずみに絶望している女性

アナルの黒ずみについて誰かに相談する…というのは難しい部位ですよね。

 

でも、アナルの黒ずみを見られてしまったらとても恥ずかしいので、なんとかして一人で解決したいと思う人は多いと思います。

 

しかし、誰にもバレずに対策するためには、そして新たな黒ずみを作らないようにするためには、アナルの黒ずみの原因についてしっかり理解した上でケアすることが必要です。

 

黒ずみの原因はメラニンだった!

 

メラニンは、黒ずみの元となっている成分です。

 

シミを作る原因としてもよく知られているメラニンは、アナルの黒ずみの原因にもなります。

 

では、なぜメラニンは作られてしまうのでしょうか?

 

それは、肌本来が持っている力で、肌を守ろうとするためです。

 

例えば、紫外線を浴びる、摩擦を受けるなど肌に刺激が与えられると、肌はこの刺激から自らを守ろうと作用し、メラニン色素を生成します。

 

そして、メラニン色素は黒っぽい茶色をしているので、結果、肌が黒ずんでしまうのです。

 

特に乳首やアナルの周囲などはメラニン細胞が活発に働いている部位でもあります。

 

なので、ある程度は黒くなってしまうので仕方がないのですが、それでもやはりなるべく黒ずみは作りたくないですよね。

 

摩擦による刺激

 

アナル(お尻の穴)が黒ずんでしまう最大の原因は、摩擦による刺激です。

 

例えば、デスクワークや自転車などでお尻に負担をかけている人は注意が必要です。

 

仕事で座りっぱなし、通勤や通学で毎日自転車に乗りお尻が擦れる…というようなことで、摩擦による刺激が生じ、アナルが黒ずみやすくなります。

 

下着が合っていない

 

下着のサイズが小さかったり、Tバックの下着をつけているという人は、アナルが黒ずみになりやすいです。

 

サイズが小さければお尻を締め付けてしまいますし、Tバックの下着はアナルへの摩擦が多くなります。

 

摩擦により黒ずみができることを「摩擦黒皮症」といいますが、この摩擦黒皮症は改善されにくいという特徴があります。

 

肌の乾燥

 

アナルの黒ずみは、肛門の周辺の肌が乾燥していると起こりやすくなります。

 

肌が乾燥していると、様々な外部からの刺激に弱くなり、表皮や粘膜の角質層が厚くなります。

 

これは、外部からの刺激から肌を守ろうとする「過角化」という状態で、ガサガサになるなど肌ざわりも悪くなります。

 

肌が乾燥しやすい冬場は特に注意が必要です。

 

ターンオーバーの悪化

 

皮膚は、新陳代謝が起こることで新しく生まれ変わります。これを、肌のターンオーバーといいます。

 

肌のターンオーバーの周期は28日と言われていますが、年齢などによって周期が乱れ遅くなる人が多いです。

 

ターンオーバーによって、古い角質が肌の表面に押し上げられ、垢になって剥がれ落ちるのですが、その周期が遅れていると、古い角質がなかなか剥がれ落ちずに、肌表面に蓄積、結果、黒ずみになります。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

黒ずみとホルモンバランスは無関係のように思う人もいるかもしれません。

 

しかし、ホルモンバランスが乱れると、自律神経がバランスを乱し、血流が滞るので代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなれば、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も悪くなるので、古い角質が肌から剥がれ落ちなくなり黒ずみの原因になります。

 

さらには、ホルモンバランスの乱れにより皮脂過剰が起こります。

 

過剰分泌された皮脂が角栓に詰まると酸化して黒くなるので、肌の黒ずみはさらにひどくなってしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れる原因は、生活習慣。食生活や運動不足、ストレスなどが、その要因になります。

 

まとめ

 

アナルの黒ずみが気になると、コンプレックスに感じてしまって恋愛にも消極的になってしまいがちです。

 

ですから、アナルの黒ずみは早いうちにケアをし、新たに黒ずみを作らないように気を付けましょう。

 

そして、アナルの黒ずみは、保湿する、ストレスをためない、生活習慣を見直す、下着の選び方などによって、予防することができます。

 

>>ランキングを確認する

アナルの黒ずみに人気の美白クリームにはどんな成分が入ってるの?

アナル黒ずみクリーム

アナルの黒ずみケアクリームには、どのような成分が配合されているのか、そしてどのような効果が期待できるのかについてご紹介します。

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は、医療の現場でも用いられている成分で、黒ずみの原因になるメラニンの生成を防ぐ作用があります。

 

アミノ酸の一種で、様々な刺激により肌に炎症が起きている部分の炎症を抑える作用があり、日焼けなどにも効果が期待できる美白成分です。

 

黒ずみになる原因は、肌がダメージを受けることにあります。

 

例えば紫外線や洋服などの摩擦、カミソリによるムダ毛の自己処理、アナルの黒ずみの場合は下着やトイレットペーパーによる摩擦が考えられます。

 

それらの刺激によって肌が炎症を起こすと、ターンオーバーがスムーズにいかなくなったり、メラニン色素が多く生成されるようになります。

 

そのような肌を整え、黒ずみを解決してくれるのがトラネキサム酸です。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は、黒ずみケアクリームの殆どの商品に含まれている成分で、美白効果が期待できる成分として有名。

 

肌に優しいので、安心して使うことができます。

 

ビタミンCは、本来はとても美白効果が優れている成分です。

 

しかし、そのままの状態では壊れやすいので、十分な効果が発揮できないという問題がありました。

 

そこで、安定した効果が得られるように改良されたものがビタミンC誘導体です。

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と呼ばれている美白効果の高い成分。

 

最近の美白系化粧品では用いられているものも増えてきました。

 

ハイドロキノンは、既にできている黒ずみのケアもできますし、黒ずみの原因になるメラニンの生成を抑える作用もあります。

 

その美白効果はとても高いので、刺激が強い成分として知られていますが、一般的に市販されている化粧品には2%ほどしか配合されていません。

 

なので、安心して使うことができます。

 

もう少し高い濃度のハイドロキノンを使いたいという場合は、美容クリニックなどで処方してもらうことができます。

 

トレチノイン

 

トレチノインは、肌のターンオーバーを高める作用がある成分です。

 

肌のターンオーバーを促進することにより、肌の奥に潜むメラニンを肌表面に押し上げ、排出します。

 

また、保湿効果も高いので、黒ずみの原因の1つである肌の乾燥を防ぐこともできます。

 

先ほどご紹介したハイドロキノンと併せて使うことで、黒ずみの予防、解消、美肌作りに効果的です。

 

>>ランキングを確認する

アナルの黒ずみ対策…保湿はいつするべき?

肌が乾燥すると…

気候や体質、エアコンなどによる肌の乾燥に悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか?

 

肌が乾燥すると、さまざまな肌トラブルが起こります。

 

肌の乾燥は、すべての肌トラブルの根源…とも言われていますよね。

 

ですから、肌は乾燥しないように、ケアをしっかりすることが大切です。

 

肌の乾燥ケアで最も重要、そして効果的なことは「保湿」。

 

クリームやオイルなどで肌を保湿するようにしましょう。

 

でも、露出が多い腕や足、顔などの保湿ケアはしっかりしていても、アナルの保湿を忘れてしまっているという人は多いのではないでしょうか?

 

えっ?アナルも保湿するの?と思った人も多いかもしれません。

 

しかし、アナルの黒ずみケアのためには保湿することがとても大切です

 

とはいっても、いつ保湿するの?という人もいると思うので、こちらではアナルの黒ずみケア(保湿)をするタイミングの例をご紹介します。

 

お風呂上り

 

乾燥が気になるけれど、面倒臭い…

 

特にアナルを保湿しようと思うと下着を脱いで…ということになるので、機会を逃してしまうと面倒になってしまいます。

 

また、ケアする場所も困りますよね。そこでおススメなタイミングがあります。

 

それはお風呂上り。

 

お風呂から出たタイミングで保湿をしておけば良いですね。

 

入浴時にムダ毛処理をしているという人も多いと思いますが、ムダ毛処理の後は必ず肌の保湿が必要です。

 

それにお風呂上りであれば肌も清潔なので、保湿ケアをするタイミングとして最適です。

 

朝着替える時

 

朝起きて着替える時も、ケアのタイミングとして良いと思います。

 

朝、シャワーを浴びる人はシャワーの後に、そうでない人は着替える時に保湿しましょう。

 

肌の乾燥に悩んでいる人は、きっと朝着替えるときに足や腕の保湿ケアをしていると思います。

 

その際、ついでにアナルのケアもしてみてはいかがでしょうか。

 

寒い季節は、体が冷えないように、要領よく保湿してくださいね。

 

まとめ

 

アナルの黒ずみ対策として保湿ケアをバッチリしている!という人は少ないかもしれません。

 

ですが、下着やトイレットペーパーによる摩擦で黒ずみが起こりやすい部位です。

 

なので、毎日の保湿ケアのついでに、忘れないようにケアをしておくと安心です。

 

とはいっても保湿のタイミングが難しい部位でもあります。

 

しかし、朝、起きたときやお風呂に入ったタイミングであれば、特に面倒なことなくケアができます。

 

ただ、ケアする習慣がないと忘れてしまいがちな部位なので、忘れないように行ってくださいね。

 

>>ランキングを確認する

いま流行りのアナルブリーチングってなに?

アナルブリーチング

アナルブリーチングとは、肛門の周りの皮膚の黒ずみを取るケアの事。

 

肛門の周りの皮膚の色ムラを無くすために行われる美容法の一つで、海外セレブの間で流行っています。

 

このアナルブリーチングが流行り始めたのは2000年代初頭。

 

アメリカなどでは、小さな水着やランジェリーが流行り始め、それに伴い陰部の毛を無くす脱毛が主流になりました。

 

その結果、脱毛するまで気づかなかった肛門周りの皮膚の色ムラに悩む人が増え、アナルの黒ずみを取りたいと思う人が多くなりました。

 

また、ちょうどその頃アナルブリーチングについて人気のテレビ番組や雑誌などのメディアが特集として取り上げたこともあり、ハリウッド女優やモデルを中心にアナルブリーチングを試す人が増えたといわれています。

 

そして、美容外科でのレーザー治療が行なわれるようになったり、アナルブリーチング用のクリームがドラッグストアで販売されるようになりました。

 

最近、美容クリニックなどで行なわれているアナルブリーチングは、ハイドロキノン・トレチノインというクリームを使った方法。

 

このクリームは漂白剤のようなものを皮膚に塗ることによってアナルの黒ずみを薄くしていくものです。

 

漂白剤という言葉からイメージする通り、肌に刺激の強い成分なので、美容クリニックなどの専門医に処方してもらうのが一番。

 

でも、美容クリニックでの治療は保険診療ではなく自費扱いですし、なんといっても「恥ずかしい」というデメリットがあります。

 

しかし、現在は、自宅でアナルブリーチングができます。

 

アナルの黒ずみをケアする作用があり、比較的肌に優しく使えるクリームなどが販売されています。

 

肛門周りの黒ずみをケアしたいけれど、お金をあまりかけたくない、自宅でコッソリケアしたいという人は、自宅で使えるアナルの黒ずみケアクリームを使うというのも一つの方法です。

 

>>ランキングを確認する